SSブログ

まちをつくる ― 地域のちから ―

今井みのるのブログ

秦野市議会議員今井みのるが地域の生活を考えて綴る日々の思索。よりよい市民生活のための地域活性化を考えます。

秦野市議会議員今井みのるが地域の生活を考えて綴る日々の思索。よりよい市民生活のための地域活性化を考えます。

平成22年5月度 常任委員会行政視察 2日目 岩手県遠野市 [活動]

5月11日

 2日目の今日は、岩手県遠野市です。かの柳田國男氏が書かれた『遠野物語』で有名な遠野市です。
 市内は今その遠野物語の100周年一色でありました。特に、現在NHKで放送中の「ゲゲゲの女房」の主人公である漫画家水木しげるが漫画版『遠野物語』を出したとの事で、街中あの愛嬌のある妖怪たちのポスターであふれ、『遠野物語』人気再燃の感でした。
 しかし、遠野市に向かう車中からの景色は、本当ににこれから中心市街地活性化基本計画の視察に行く所かと言った景観でした。なにしろ秦野市の約8倍の面積の中に人口約3万人の市であります。駅に付くとまず目に付いたのが、素晴らしい市営住宅です。地域産材をふんだんに使った瓦葺の木造住宅で、秦野でこんなのを作ったら誰も出て行かなくて困っちゃうねと思うくらい、それはそれは魅力的なものでした。
 遠野市は人口は少ないのですが、とにかくこの地も歴史があります。確かに中心市街地の状況は、他市同様非常に厳しいものでしたが、担当職員の説明は先程の100周年記念による人気再燃を受けてか非常に元気でした。確かに、この一時期観光客は増えるかもしれませんが、これも既に私自身が自分の町で、また他の市でも見てきたことですが、それをどうやって地域経済に結びつけるかが大きな課題になると思います。


posted by 鶴生館(かくせいかん) at nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。